福山市 広島県福山市 点検・整備 エーミング作業 ダイハツ タント 事例 野島自動車

サブページメイン画像

  • HOME
  • 点検・整備
  • 広島県福山市 点検・整備 エーミング作業 ダイハツ タント 事例

広島県福山市 点検・整備 エーミング作業 ダイハツ タント 事例

 自動ブレーキのエーミング(機能調整)作業 2020.3.18

エーミングは、レーダーセンサーや音波センサーがついた外装類の脱着、カメラがついたフロントガラスの交換などのほか、フレーム修正を伴う板金塗装などを実施した際、先進安全装置を正しく作動させるために行う校正作業のこと。
自動ブレーキは、自動車が勝手に車を停止させる機能ではありません。被害を軽減するために、自動でブレーキペダルの踏力(とうりょく=踏み込む力)をアシストする機能です。
また、センサーが緊急時だと判断すると、自動的にブレーキが作動することもあります。自動ブレーキセンサーは3種類あり、それぞれ性能は異なります。

 ダイハツディーラー担当者様にご協力を得て作業中

今後の新型車には標準装備となってくる安全装備「自動ブレーキ」各自動車メーカーによって呼び名は違います。
スマートアシスト(ダイハツ)・セーフティサポート(スズキ)・アイサイト(スバル)・セーフティセンス(トヨタ)
性能の違いを生み出す3つのセンサー
自動ブレーキセンサーには、以下の3種類があります。暗闇でも対象物との距離を検知する「赤外線レーザー」カメラで対象物を認識する「ステレオカメラ」天候の影響を受けにくく、電波の周波数を利用して衝突の対象を検知する「ミリ波レーダー」
どのセンサーを搭載しているかは車によって異なり、併用している場合もあります。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。
Lineでもお問い合わせいただけます。
 (友だち募集中の画像をタッチしてください。サイトに移動します)

お電話でのお問合せは
084-931-2929
で受け付けております。(am8:30~pm7:00)

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

点検・整備の他のページ