福山市 広島県福山市 点検・整備 ハイブリッドバッテリー リビルド 取替 トヨタ プリウス ZVW30 事例 野島自動車

サブページメイン画像

  • HOME
  • 点検・整備
  • 広島県福山市 点検・整備 ハイブリッドバッテリー リビルド 取替 トヨタ プリウス ZVW30 事例

広島県福山市 点検・整備 ハイブリッドバッテリー リビルド 取替 トヨタ プリウス ZVW30 事例

 走行中警告灯が点灯したとのお問い合わせです。

当社のホームページをご覧いただいたお客様よりご相談です。
診断機で見てみると、ハイブリッドバッテリー充電異常の表示。
走行距離も13万km以上お乗りいただいてます。
リビルドバッテリーでの交換修理をご提案させていただきました。

※リビルドバッテリーは取り寄せになりますので、一旦診断機で警告灯を消しておきます。(納期に1週間ほどかかります)

《リビルドバッテリーとは》
中古のバッテリーから劣化した部分を新品に取り替えて再生(オーバーホール)させたバッテリーです。
価格は中古品よりは高額になりますが、車両から取り外しただけの中古品よりも、品質、耐久性の面でも安心です。新品のハイブリッドバッテリーよりも30%ほどお安く交換できます。
当社では、こちらのリビルドバッテリーを推奨いたしております。(6ヶ月の保証付、自然故障に限る)

《車載コンピュータによる故障診断》
車載コンピュータによる故障診断、警告灯の消去作業は、工賃2,200円~(消費税込み)となります。

 リヤシートの後ろにハイブリッドバッテリーはあります。

オレンジ色のサービスプラグを取り外し、電圧を遮断します。15分ほど待って、通電が遮断しているのを確認したら、作業開始です。ハイブリッドバッテリーは重量も40kgほどありますので、2人がかりでの取り外し作業となります。

 プリウスのハイブリッドバッテリーは28個のモジュール、合計168個のセルで形成されています。

ハイブリッドバッテリーの上部カバーを外すと、バッテリーを見ることができます。中身は28個のバッテリーモジュールが+-交互に並んでいます。
ボルテージセンサーも同時に交換します。
ファンは汚れがひどかったので、清掃しました。

 組み直して交換完了です。

オレンジ色のサービスプラグを元に戻します。感電防止の絶縁手袋は必須です。

 各ブロックの電圧をチェックして異常が無ければ終了です。

作業後の試運転、コンピューターによる各システムの異常診断、点検を行って交換後の状態を確認します。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。
Lineでもお問い合わせいただけます。
 (友だち募集中の画像をタッチしてください。サイトに移動します)

お電話でのお問合せは
084-931-2929
で受け付けております。(am8:30~pm7:00)

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

点検・整備の他のページ